合同会社は営利法人のひとつ

会社設立

合同会社を設立してビジネス展開しようと検討されている方は、法人の位置づけや法人として設立するメリット・デメリットについて理解しておくことも必要です。
また、法人には営利法人と非営利法人などの種類があるので、その違いについても理解しておきましょう。
民法における法人の解釈は、「法律上人格を認められ権利義務の主体となり得るもの、その資格があるもの」となっているのです。
法人設立のメリットは、個人事業より取引に対する信用面が高い点と、節税することが可能なるという点があります。
特に税金面では、個人事業と比べて法人の方が所得税の税率が低くなって、税金を払う額が安くなるという大きな特徴があるのです。
一方デメリットとしては、設立までの手続きが個人事業より複雑で面倒な点がありますが、設立までの手続きを税理士など専門家に依頼すると解消できるデメリットと言えます。

法人は営利法人と非営利法人に大きく区別されて、営利法人とはビジネスで得た利益分を、特定の社員に分配することを目的とする法人のことです。
一般的に会社と呼ばれているものを指していて、具体的には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社などのことを指しています。
現在の企業形態で最も代表的なものは株式会社で、株式を発行して投資家たちから調達した資金で事業を展開していく企業です。
このように株式会社を設立して起業する傾向が多いのですが、近年は合同会社として会社設立する企業も多くなってきています。
その理由は、会社設立費用が株式会社の設立費用と比べて約14万円程度も安くすることが可能で、合同会社にすることの最大のメリットが得られるからです。
会社設立時は、どうしても資金繰りが厳しくなってしまうこともあるもので、少しでも設立時の費用を安くできることは大きな魅力になると言えます。
合名会社は資本金の制度がなくて、債権者に対して出資者が直接連帯して責任を負う無限責任社員だけで構成された会社形態です。
この無限責任社員のみの合名会社に対して、無限責任社員と直接有限責任社員の両方で形成される企業のことが合資会社と言います。

このように事業で得た利益を社員に分配する組織形態が営利法人で、その反対に利益を分配しない法人が非営利法人というのです。
非営利法人の利益に関しては、社員に分配するのではなくて、団体の目的達成のために使用します。
具体的な非営利法人としては、NPO法人・一般財団法人・社会福祉法人などがあるのです。

会社設立時に税理士お願いすることガイド

会社設立01

会社設立に向けて動き出している人の中には、どんなことから手をつけていいのか分からず、情報収集をしていたらいつの間にか時間が過ぎていた…という人も多いのではないでしょうか?
会社設立は個人事業主のように開業届を出してOKというわけではなく、いろいろな手続きをしていかなければなりませんので、その順番を把握する必要がありますし、その後の展開も業種によって違いますからきちんとスケジュールをエクセルなどにまとめて立てておくことがポイントになります。

しかし自分だけですべての手続きをしようとすると失敗する可能性も高く、なかなかスケジュール通りに進まないことも多いので、会社設立するときには専門家の力をうまく借りることが大切です。
会社と密接な関係にある専門家の中に税理士がいますが、今税理士の中には会社の税務だけをするだけでなく会社設立手続きについても詳しい人が増えており、はじめから税理士に依頼する経営者も出てきています。

そこでここでは会社設立から税理士にお願いできることはどんなことなのか、お伝えしていきますので、今どんなことから手をつけていいのか分からない…という人は参考にしてほしいと思います。
はじめに先ほども言ったように税理士は基本的に税務がメインになりますので、本来であれば会社設立手続きにはあまり関わる場面はありませんし、どちらかと言えば会社設立手続き後に力になってくれる場面が増えていきます。

ただ税理士の中には中小企業診断士や社労士、行政書士といった会社設立に携わることができる資格を持っている人も多く、そういった資格を持っている人に依頼すれば会社設立手続き~会社設立手続き後までいろいろ任せられるのでとても心強いです。
たとえば定款の作成は現在電子定款がスタンダードになっていますが、電子定款の作成ができるのであれば税理士にも依頼することができますし、それが可能なら別で専門家に依頼する必要もありませんのでコストは安く抑えられます。

さらに法務局での登記申請も必要書類を集めなければなりませんが、会社設立手続きに詳しい税理士ならどんな書類が必要になるかアドバイスしてくれますし、場合によっては登記申請書類の作成もしてくれます。
ただし登記申請の代行に関しては司法書士の資格が必要になりますので、代行をお願いしたい場合は別で司法書士に依頼することになります。

まずは何をお願いしたいのはピックアップしてみてください。

会社設立で重要となる英語力

会社設立

会社設立の際、英語などは本来必要となりません。
書類も日本語で書いて良いですし、申請から許諾、その他の登記まで日本語で対応が可能です。
しかし、近年は英語と絡めて会社設立を目指しているところも多くなっています。
よりグローバル化が進む日本では、海外との関わりも強くなっているのです。
つまり、グローバルな社会では英語が必須となるわけです。
事実、日本企業の中でも海外に進出しているところは多く、大企業になればなるほど海外を視野に入れて展開しています。
近年はインターネットが普及したことで、中小企業でも海外に打って出ることができるようになりました。
今後は、より英語力が必要となってくるでしょう。
ビジネスの世界では、アジアでもアメリカでもヨーロッパでもオセアニアでもアフリカでも、英語が必須となってきています。
英語を取り入れた会社こそ、このグローバル社会を生き抜くことができるのではないでしょうか。

また、近年はその影響もあってか、英語表記による会社名にしているところも沢山あります。
やはり日本語の会社だと海外では通用しませんし、そもそも読める人は限られています。
それなら、会社設立の時から英語表記にしておき、そのまま海外にも対応できるようにしておいた方が良いです。
もちろん、事業の内容では海外に打って出ないということもあるかもしれません。
しかし、英語にしておけばそれだけでも、海外に知られることは多くなります。
そういう点も含めて、英語は重要と言えます。
さらには、近年外国人の動労者が日本に増加していて、英語を使ってコミュニケーションを取るということも多くなっています。
事実、日本の企業の中にも、すでに代表や社長は英語が必須ともなってきています。
会社の顔となる人物は、やはり英語が必須となるでしょう。

今後、この傾向はより一層強くなっていくことが考えられます。
英語を話せるのが普通ではありませんが、世界では普通のことです。
日本人は特に英語に弱いと言われているので、そこは世界に通用するための英語力が必要となってきます。
今後、会社設立を考えている方は、より英語のことも視野に入れておくことが必要となるのではないでしょうか。
それが、今後会社を発展させていく足掛かりになることもあるでしょう。
もちろん、まずは日本で軌道に乗らないと話にもならないので、英語を考えるのはその後でも良いです。
ただ、会社設立当初からグローバル対応しておくことはとても重要と言えます。

福岡で不動産を相続するのなら

不動産は財産価値がとても高いもので、そのことから不動産が動くと多額の税金が動くと言われているのです。
例えば、不動産を相続する時には相続税が、不動産を売却した時に譲渡所得税が課税されますし、相続税も譲渡所得税も税金の中では税額が相当高くなるものです。
その為、事前に不動産対策をしておかないと余分な税金を払うことになるのです。
“福岡で不動産を相続するのなら” の続きを読む

福岡で不動産に関する依頼を税理士にする際の費用は?

福岡で不動産に関する手続が必要な人や、不動産に関係する税金について税理士に相談したいと考えている方もいます。
ただ、税理士の費用は事務所ごとで違った体系を取っていたり、依頼内容によって費用も違いが生じたりすると言われているので、税理士にお願いすることを迷うこともあります。
“福岡で不動産に関する依頼を税理士にする際の費用は?” の続きを読む

不動産に関係する税金のことは税理士に依頼を

福岡で不動産収入が発生した時に、確定申告を税理士に依頼した方が良いのかを悩む方も少なくないです。
確かに税理士は税の専門家なので頼りになりますが、費用がかかることですから何でも税理士に依頼すれば良いというわけではありません。
やはりメリットがないと意味がないことなので、不動産所得の確定申告を税理士に依頼する際のポイントを事前に知っておくと役立ちます。
“不動産に関係する税金のことは税理士に依頼を” の続きを読む

不動産投資の節税対策を考えるのなら

福岡で相続税や固定資産税の節税対策として、アパートやマンションを建築し経営している方もいて、ローン返済ができて管理費用がまかなえればよしとするケースが主流でした。
このように収益を軽視してしまうとリスクが増加するので、福岡で不動産投資を考えているのなら、費用と税金について理解すると共に、どのように節税対策ができるのか知っておく必要があります。
安易に不動産投資をしてしまうことだけは避けるべきです。
“不動産投資の節税対策を考えるのなら” の続きを読む

不動産のコンサルティングを税理士に依頼するのなら

福岡でも土地神話が崩壊して、不動産は所有する時代から活用する時代に変わったと実感する方も少なくないです。
それに伴い福岡で不動産を活用する方法も単に金融機関からの借入金で賃貸経営を行うのではなくて、定期借地権による土地活用など様々な方法が考えられます。
しかし、不動産に対する対処法を間違えてしまうと取り返しのつかないことになることも考えられるので、税理士など専門家にコンサルティングしてもらうことも必要です。
特に、贈与・譲渡・買換え・賃貸などの税に関することや、優遇措置を利用した資産・財産のコーディネイト、土地の有効活用方法などは税理士に相談するのが良いです。
“不動産のコンサルティングを税理士に依頼するのなら” の続きを読む

福岡で不動産を取得するのなら

福岡で不動産を取得した場合に、どのような税金がかかるのかご存知でしょうか?
最低限かかると考えられる税金としては、印紙税・登録免許税・不動産取得税があって、その他贈与があった場合には贈与税が、売買があった場合には譲渡税が課税されます。
福岡で不動産を取得しようと考えている方は、このような税金がかかることを知っておく必要があります。
“福岡で不動産を取得するのなら” の続きを読む

福岡で不動産を相続した時

相続財産というのは故人が所有していたもの全てが対象となるので、相続財産に不動産が含まれる場合もあります。
ただ相続財産となる不動産は現金などと違って、多少特殊な手続きになる可能性も考えられるので、福岡で不動産を相続する場合には、税理士に対応をお願いすることも必要です。
“福岡で不動産を相続した時” の続きを読む