福岡で不動産を相続するのなら

不動産は財産価値がとても高いもので、そのことから不動産が動くと多額の税金が動くと言われているのです。
例えば、不動産を相続する時には相続税が、不動産を売却した時に譲渡所得税が課税されますし、相続税も譲渡所得税も税金の中では税額が相当高くなるものです。
その為、事前に不動産対策をしておかないと余分な税金を払うことになるのです。

福岡で不動産を相続する際に節税しようと考えるのなら、不動産対策を税理士に相談することがおすすめです。
その理由は、相続財産のうち不動産が占める割合が高いケースが多くて、不動産対策をいかに行うかにより相続税の節税対策も変わってくるからです。

では具体的にどのような不動産対策があるのかというと、そのひとつが土地の活用で更地に賃貸住宅を建てるのです。
そうすることで土地の相続税評価額を下げることができますし、建物の相続税評価額も自用家屋より下げることができるので、トータルで相続税の節約に大きな効果を発揮するのです。

もうひとつは不動産管理会社の活用で、所得税・相続税の節税対策として定番となっています。
なぜ不動産管理会社を活用することで節税につながるのかというと、まず所得の分散ができるからです。
どういうことかというと、不動産を所有する個人の所得であったものを、不動産管理会社を活用することで管理会社に管理料を支払い、不動産経費に計上すると共に親族に給料を支払うことができるということです。
そうすることで、不動産所有者の相続財産を増やさないで、相続が生じた場合の納税資金を親族も貯めることができるのです。
また、給与所得控除の活用・生命保険料の活用・退職金の活用などができるので、不動産管理会社の活用により相続税の節税対策ができるのです。

こうした不動産対策は、なかなか素人では分からない部分も多いので、税理士という専門家に相談することがおすすめなのです。
ただし、税理士なら誰でも良いというわけではなくて、不動産を専門に取り扱っている税理士に依頼することがおすすめです。