不動産投資の節税対策を考えるのなら

福岡で相続税や固定資産税の節税対策として、アパートやマンションを建築し経営している方もいて、ローン返済ができて管理費用がまかなえればよしとするケースが主流でした。
このように収益を軽視してしまうとリスクが増加するので、福岡で不動産投資を考えているのなら、費用と税金について理解すると共に、どのように節税対策ができるのか知っておく必要があります。
安易に不動産投資をしてしまうことだけは避けるべきです。

福岡で不動産収入を得るために不動産投資する際に認められている経費は、租税公課・修繕費・損害保険料・管理費・広告宣伝費などです。
また、税理士や弁護士の報酬・減価償却費・共有部分の水道光熱費・借入金利息・消耗品費・交通費・通信費・接待交際費なども経費として認められます。
しかし、一方で所得税や住民税・借入金の元本返済部分・自宅にかかる経費など、不動産事業に関係しない支出については、必要経費として認められません。
こうした経費は不動産投資の節税対策にも関係してくるので、理解しておく必要があります。

不動産投資でかかる税金は、アパートやマンションの建築・購入時の税金、毎年費用に計上できる租税公課、毎年不動産所得にかかる所得税の3つに大きく分けることができます。
この中で収益を重視するアパート・マンション経営で注目する必要がある税金は、収益が多くなると跳ね上がる所得税です。
また、この所得税に応じて住民税が課税されて、事業として行っている場合は事業税も課税されます。

では、どのような節税対策があるのかというと、まず不動産所得の税額は(総収入金額−必要経費−控除)×税率で求められることを知っておくことです。
これを理解した上で実施できる節税対策は、経費を増やす・控除を増やす・税率を下げるといった3つです。
ただ正しい税務知識のもとでしっかりと節税対策を実行することが大切なので、税理士に節税対策を相談するのもひとつの選択肢です。
そうすることで収益を増やす努力と同様に積極的な節税対策を実行することができると言えますし、それが賢明な方法と考えられます。