不動産のコンサルティングを税理士に依頼するのなら

福岡でも土地神話が崩壊して、不動産は所有する時代から活用する時代に変わったと実感する方も少なくないです。
それに伴い福岡で不動産を活用する方法も単に金融機関からの借入金で賃貸経営を行うのではなくて、定期借地権による土地活用など様々な方法が考えられます。
しかし、不動産に対する対処法を間違えてしまうと取り返しのつかないことになることも考えられるので、税理士など専門家にコンサルティングしてもらうことも必要です。
特に、贈与・譲渡・買換え・賃貸などの税に関することや、優遇措置を利用した資産・財産のコーディネイト、土地の有効活用方法などは税理士に相談するのが良いです。

では福岡で税理士に不動産に関するコンサルティングを依頼する場合には、どのような内容が相談できるのでしょうか?
具体的な相談内容を知っておくことは、依頼するにあたって重要なことなので、事前に知っておと役立ちます。

税理士や事務所によっても違いがあるので、一概には言えませんが不動産の取得・処分のコンサルティングをお願いすることができます。
実は、不動産の取得方法で毎年の所得税をはじめ、将来の相続税も大きく変わってきますし、処分に際しての税務上の特例の利用の有無でも将来の税負担が変わってきます。
総合的かつ中長期的な視点で不動産の取得・処分に関してプランニングしてもらうことは心強いです。

また、不動産の有効活用のコンサルティングをお願いすることができます。
再開発や共同ビルの建築に際して買換えや等価交換を実施する場合には、特例の適用についての検討と申告手続が必要になります。
資金フローや税効果などを含む総合的な観点から不動産の有効活用についてのプランを策定して、税務・財務において確かな実行をサポートしてもらえると助かります。

それから不動産管理会社の設立・運営のコンサルティングもお願いできます。
賃貸経営のリスク軽減や将来の資産承継を円滑に進めるには、法人を活用することも選択肢のひとつです。
管理会社を設立するメリットやデメリットを検証して、税務・法務手続をワンストップでサポートしてくれる税理士がいることは心強いことです。